2006年05月30日

初期化されました

1年強に渡って貯めこんだコンテンツや、ビジターの皆さんに頂いたコメント等の数々を含め、全てをゼロにされました。

長きに渡って育てて来たサイトを突然奪われ、実の子を失ったような感覚です。喪失感、失意、絶望感、そしてやり場のない怒り。さまざまな感情が沸きあがっています。

初期化の事実を知ったとき、seesaaで再びやり直す気力はほとんど残っていませんでした。

しかし、長きに渡って育ててきたブログへの愛着も捨てきれず、再び最初からやり直すことを決意しました。

失われたものは余りにも大きく、取り戻すには多くの時間が必要ですが、これまでやってきたことですから、いつか必ず復活する日が来るはずです。

暫くの間、ビジターの皆さんにコンテンツの薄い、寂しいブログを晒すことになると思いますが、再び元のような姿を取り戻すその日まで、永らくお付き合い頂けると幸いです。
posted by セドリック at 17:59 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして、デロンギと申します。
貴ブログ、いつもコッソリ読ませて頂いておりました。
私自身セドリはもうやっていないのですが、セドリックさんのお書きになる文章がどうも心地よくて・・・。
そんな訳で今後もひっそり読ませて頂きますので、お気を落とさず頑張って下さい。
それから、私もSeesaaを利用しているのでチョット気になるのですが、どんな経緯でコンテンツが初期化されてしまったのでしょうか?
差し支えなければお教え下さい。
Posted by デロンギ at 2006年05月30日 23:04
うはぁ、そ、それはつらいですね。すぐに前向きになられてるところはさすがです。
Posted by junsaito at 2006年05月31日 00:29
デロンギさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

シーサーによれば、初期化の理由は「広告表示のみを目的としたブログの制作」だそうです。

アフィリエイトの解説ページを作った際、広告をベタベタ大量に貼っただけのサンプルページを作り、「こういったサイトはとても見苦しく、ユーザーに嫌われるのでやめましょう」という実例を挙げていたんですが、それが規約に引っ掛かったようです。

同アカウントで管理していたページにせどり戦記が含まれていたため、とばっちりを食ってしまいました。
Posted by セドリック at 2006年05月31日 03:36
>junsaitoさん

強がりだけで立ってるような状態ですが、人間強がりもできなくなったらおしまいです。(苦笑)

これからも精一杯強がってみようと思います。
Posted by セドリック at 2006年05月31日 03:39
心中お察しします。
せどり戦記の豊富なコンテンツが消えたのは読者にとっても非常に残念です。
これからも応援しますので気を落とさず復活してくださいね!
Posted by がーせん at 2006年05月31日 12:35
>がーせんさん

ありがとうございます。ある程度は復旧できそうな目途が立っているので、早いうちに体裁を何とかしたいと思います。
Posted by セドリック at 2006年05月31日 23:49
初めまして。ARKと申します。

私も、こっそり読ませていただいていましたが、ここしばらく貴ブログを覗いていなくて本日見たとたん、びっくりしました。

ブログを初期化されて、現在、再建中とのことですが、コンテンツは保管されていたのでしょうか。

実は、私はせどりについてではなく、貴ブログに掲載されていた「ブログカスタマイズ」をよく参考にさせていただいていました(汗;

その際、参考の為、ブログカスタマイズのページ(13記事)及び、「アフィリエイトノウハウ」(8記事)をIEでページ保存しています。

もし、必要でしたらコメントもしくはメールででも連絡いただけたらお送りします。

一日も早いブログ再建ができますよう、陰ながら応援しています。
Posted by ARK at 2006年06月17日 23:04
ARKさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

消えてしまったのは残念ですが、まぁ起こってしまったことは仕方ないので、気を取り直して消失前以上のブログを作ることを目指したいと思います。
Posted by セドリック at 2006年06月18日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。