2006年06月08日

最高値出品で売る方法:ヒント4

今回も、前回同様おさらいから入りましょう。

さて、前回までのヒントで、「せどり」という行為において、利益に繋がる要素を極端に簡略化すると、以下の4つの要素に分かれるということを説明しました。

1.仕入れをどうするか
2.値付けをどうするか
3.販路をどうするか
4.配送手段をどうするか

(厳密に言えば、作業の時間単価を上げるという意味で在庫管理も重要ですが、金額換算しづらいものなので省略しています)

私が今焦点を当てているのは、2.の値付けをどうするか、という点です。

2の要素について、一冊あたりの利益(額、率)を上げるには単価を上げれば良いのであり、そのために何ができるか考えよう、というお話でした。基本的な事項として3つ例示しましたが、以下のように残り1つがシークレットになっています。

A.客が納得するだけの付加価値をつけてやる
B.供給を上回る需要を生み出してやる
C.そのまた次のネタにするので秘密


今回はCの解説です。前回同様、結論から言うと、Cには「独自のプロモーションを行う」というキーワードが入ります。


ここで、「おや?」と思った鋭い方がいるかもしれません。

Bの「供給を上回る需要を生み出す」とCの「独自のプロモーションを行う」は、かぶってるんじゃないか?と。つまり、「プロモーションを行う=需要を掘り起こす」だろ、と。

結果として見ればその通りではありますが、実はこの2つ、狙いどころが違います。Bが市場全体を前提としていたのに対し、Cは自分自身、あるいは自分自身の取り扱う商品に限定した範囲を想定しています。



もう少しわかりやすいように、例を挙げましょう。



今、あるデパートが市場の全てであると仮定します。

デパートが折り込みチラシでデパートそのものの宣伝をかけました。お客さんはチラシに釣られて大量にやってきます。デパート全体(市場全体)に対する需要が増えたことになります。(B)


では、デパートの中の各店舗についてはどうでしょう?

扱う商品が同じであれば、自分のお店の宣伝を行わない限り、他のお店と客足はさほど変わらないでしょう。となると、他の店より優位に立つには、積極的に自分のお店にお客さんを呼びこんであげなければなりません。(C)


デパートがAMPや楽天、ヤフオクなど。各店舗は我々せどりです。


独自のプロモーションを行わなければ、ただ客の訪れを待っているだけの多数のライバルと同じ程度の戦果しか上げられないということは、容易に想像できるかと思います。


プロモーションの性質上、Cの結果として、Bの効果が出てしまうというということはあり得ますが、狙いどころが違うというのはわかって頂けたでしょうか?狙いどころが違うのですから、当然BとCではやるべきこと・できることも変わってきます。


というわけで、今回のまとめ。

親サイトのアクセスに頼り切るのではなく、独自のプロモーションを行う。


前回までもそうでしたが、今回のヒントも、あくまで原則に過ぎません。具体的に私が何をしているかということも、明かすつもりはありません。この原則のもと、所与の条件で何ができるのか、ご自分で発展させて考えて下さい。



以上、もうネタがないというわけではありませんが、第4のヒントまでで「最高値出品で売る方法のヒント」シリーズはひとまず終了とさせて頂きます。同シリーズに長らくお付き合い頂いた皆さん、ありがとうございました。



次回、


「もっと!最高値出品で売る方法のヒント!」



を引き続きお楽しみ下さい。
(※そんな企画ありません)
posted by セドリック at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり心得
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19001983
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。