2006年06月15日

継続は力なり

現在、せどり戦記と平行して、失われたseesaaコンテンツを様々なブログサービス(主にFC2が多いですかね)に分散しながら復元している最中なのですが、復元作業の過程で気付いたことがあります。

あまりの膨大な量に、当然のことながら「畜生、なんでこんな目に・・・・」という気持ちもあるにはあるんですが、半面、よくもまぁこれだけの量を生み出せたなと我ながら感心していたりもします。

果てしなく終わりの見えて来ない作業の過程に、一年強という時間の威力と、こつこつと積み上げることの大切さを身に染みて思い知らされます。積み上げた成果の威力は、何もコンテンツの量の話に限ったことではありません。私のブログが稼げるようになったのは、私の作ったコンテンツが優れていたからではなく、単純にただ継続してきたからです。まさに「継続は力なり」というわけです。


私はそんなに筆まめな方ではないので、正直ブログをこんなに長く続けられると思ってませんでした。途中、ランキングに参加してランキング維持を目的として毎日更新を継続して疲れてしまったり、仕事に追われて更新の機会を奪われたりと、まぁ危急存亡の機会が何度かあったわけですが、それでも続けてこれたのは、以下の三つの要素があったからだと思います。


まずひとつは、読者の方からの応援のコメント。

時々読者の方から「ちゃんと読んでるよ」というメッセージを頂けるのは、とても励みになります。これがあるのとないのとでは全然違います。コメント頂いた前後というのは、不思議と更新頻度も上がります。


二つ目は、適度な報酬。

ブログのアフィリエイトでどのくらい稼げるかということですね。報酬があるのとないのとでは、やる気に差が出ます。が、立上げ当初のブログで稼ぐのはなかなか骨が折れますから、報酬ばかりに意識が行ってしまうと、「いつまで経っても稼げないなー、このブログ辞めちゃおうか」という気分になることもあります。私は今まで100を越えるブログを量産してきたので、そういう気分にはとても詳しいです。(笑)

適度なご褒美としてアフィリエイトリンクを貼りつつも、過度に期待しすぎないことが継続するためのコツの二つ目ということになります。


三つ目は、頑張り過ぎないこと。

ブログに限ったことではないんですが、一気に目標達成しようと頑張り過ぎてしまうと、大抵ろくなことになりません。(過去ログがもう残ってないのですが、私は去年「ダイエットとトレーニングとせどり」において全て一気に成果を上げようともくろんだ結果、疲労骨折という素晴らしい戦果がついてきました。)

もちろん、人並み以上の成果を得たいなら人並み以上には努力が必要だとは思いますが、やり過ぎの継続は逆効果です。(一度くらい「やり過ぎ状態」を経験してみるのもいいとは思ってますが。やり過ぎないと見えて来ないものもありますから。)


私がブログを継続してこれたのは、上記に挙げた3つの要素に拠る所が大きいと思います。

そして、継続できたからこそ、現在の質・量まで持って来れたのです。

更に、一年かけて培ったそれらを、一晩でほとんど全て失うことによって、継続することの重要性に気付いたのです。

自分の歩んできた道を再認識する機会をくれたseesaaに、最大限の呪詛感謝を込めて、この記事の終わりに変えさせて頂きます。

いやでも、継続することは何事においても本当に大切ですよ。(笑)
posted by セドリック at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。